採用屋人財企画

求人広告代理店
Indeed特設サイト

Indeedお役立ち情報

Articles about Indeed

人材採用のカギ!Indeed(インディード)で検索されやすいキーワードって?

2023.11.27

「インディードに掲載したけど、応募が全然来ない。」「掲載したいけど、どう書けば良いのか分からない。」そんなお悩みをお持ちでしたら、インディードで検索されやすいキーワードを知ることが採用への近道です!

インディードのようなWeb上の求人情報は、ユーザーが検索するキーワードが求人に入っていることが非常に大切です。

この記事では、インディードに書くべきキーワード選びのコツや、求人情報へ記載する方法を解説します。

 

インディードの検索の仕組み

インディードの検索の仕組み

検索されやすい求人を作成するには、まずはインディードの検索の仕組みを理解することが重要です。詳細な仕組みは非公開ですが、検索順位に影響すると考えられている3つの要素について見ていきましょう。

 

検索順位に影響する3つの要素

検索エンジンのYahoo!やGoogleでは検索したキーワードや居住地と親和性の高い求人が表示される仕組みとなっていますが、それはインディードでも同じです。

詳細な検索アルゴリズム(仕組み)は公開されていませんが、検索順位に影響する要素として、以下の3つが挙げられます。

 

・検索キーワード

ユーザーが入力したキーワードから、関連性の高い求人が表示されます。

・ユーザーの行動履歴

居住地域や過去に検索した履歴に基づく検索傾向などの情報から、マッチする求人情報を表示させているといわれています。

・募集要項の内容

今回必要とする人材に関連するキーワードを盛り込みましょう。

 

インディードのシステムは、ユーザーにマッチする求人を優先的に表示させようとするため、システム側がマッチングを判断するための材料(関連するキーワード)を、できるだけたくさん与えてあげることが重要です。

 

求人情報に必須のキーワード

求人情報に必須のキーワード

インディードの検索画面は、検索窓に「キーワード」と「勤務地」を入力するだけで該当する求人情報が表示されるという、シンプルな設計になっています。では何のキーワードを求人情報に記載すればユーザーに検索されやすくなるのか、具体的に見ていきましょう。

 

キーワード1「職種」

まずユーザーが必ずと言っていいほど検索窓に入力する項目は「職種名」です。職種名に関するキーワードは、出来るだけ具体的に記載しましょう。

例えば「事務」の仕事でも、「経理」「総務」「データ入力」「営業事務」など仕事の内容は様々です。実際にどんな仕事をするのかが伝わるように、具体的なキーワードを盛り込むことが必要です。

「ネットショップの顧客データ入力・問い合わせ対応」というように、具体的に記載しましょう。大切なのは、ユーザーが仕事のイメージを持てることです。

 

キーワード2「勤務地」

インディードの検索画面は、「キーワード」と「勤務地」の2つの検索窓しかありません。そのうちの1つである勤務地は、しっかりと漏れなく記載しましょう。

記載する際には、ユーザーが入力するキーワードを想定し、県名・市区郡名・町名のほかにも、最寄りの駅も併せて記載することがおすすめです。有名なランドマークが近くにある場合には、「○○から徒歩○分」というようにランドマーク名も記載しましょう。

 

キーワード3「応募資格」

ユーザーは、自分に応募資格があるかどうか、自分にできる仕事かどうかを求人情報から判断します。仕事を行う上で必要な資格・免許・経験がある場合には、しっかりと記載することが大切です。

キーワード検索で「営業 未経験」と記載するケースも多いため、経験が必要ない場合には「未経験OK」「未経験歓迎」といったキーワードを忘れずに記載しましょう。

 

キーワード4「勤務条件」

給与のほか、勤務時間や休日についても出来るだけ詳しく記載しましょう。残業の有無や有給休暇が取得しやすいかどうかなどもユーザーが重視するポイントの1つです。

 

キーワード5「待遇」

交通費などの各種手当、昇給、賞与、社員登用制度など、用意されている待遇はすべて記載する方が良いです。

社会保険や有給休暇など法律で定められているものについても、しっかりと「社会保険完備」「有給休暇あり」と明記することをおすすめします。

 

検索されやすくするためのキーワード

検索されやすくするためのキーワード

前述した必須となるキーワードに加えて、より検索されやすい求人情報にするために記載した方が良いキーワードをご紹介します。企業や募集職種、採用したい人材像によって有効なキーワードは変わってきますので、今回の募集に最適なキーワードを選択していきましょう。

ターゲットへの訴求ポイント

今回求めている人材はどんな人なのか、人物像を具体的にイメージし、ターゲットを明確にします。例えば、「愛知県在住の35歳女性。大学を卒業後、営業事務として働いていたけれど、30歳の時に出産を機に退職。子どもが幼稚園に入ったため社会復帰できる職場を探している。」というように、具体的にイメージをします。

ターゲットを明確にしたら、そのターゲットが仕事を探す時にどんなキーワードを使って検索を行うのかを考えていきます。

上記のターゲットであれば、「時短勤務」や「土日休み」、「主婦」といったキーワードを検索することが推測できます。

 

サジェストキーワードを盛り込む

サジェストキーワードとは、検索窓に何か調べたいキーワードを入力したときに、自動的に表示される検索候補のことです。

実際にインディードの検索窓で「事務」と入力してみると、「事務パート」「事務 正社員」「事務 未経験」といったサジェストワードが表示されます。

これらはユーザーがよく使っているキーワードとなるため、サジェストキーワードの中に今回の募集に当てはまるキーワードがあれば、積極的に求人情報に盛り込んでいきましょう。

 

便利な機能を使って検索キーワードをリサーチ

便利な機能を使って検索キーワードをリサーチ

インディードには、ユーザーが検索したキーワードが分かる解析機能が備わっています。これを使用すれば、検索されているキーワードの傾向を知ることができ、求人情報を作成する際のキーワード選定に役立てることができます。

 

求人アナリティクス

1つ目は「求人アナリティクス」。

「求人アナリティクス」では、インディード上に掲載されている求人数、求人のクリック数が月ごとに集計されています。その中でも注目したいのが「検索ワードランキング」です。

ユーザーが多く検索したキーワードを知ることができるため、この中から今回の募集に当てはまるキーワードを選択し求人情報に記載することで、より検索されやすい求人情報を作成することが可能です。

 

Indeedアナリティクス

2つ目が「Indeedアナリティクス」。

Indeedアナリティクスは、ユーザーの声や動向を分析するためのツールです。「検索者の動向」や「広告全体のパフォーマンスの推移」などといった、細かなデータを解析することが可能です。掲載している求人のクリック数、応募数、コンバージョン率などを把握することができるため、応募が多い求人、少ない求人の要因分析を行うことが可能です。

 

まとめ

インディードでは、ユーザーに発見してもらうために検索されやすい求人情報を作成していくことが必要です。

そのためには、まず採用ターゲットを明確にし、ユーザーの動向に基づいて関連性の高いキーワードを選定していくことが非常に重要です。

 

この記事を読んで「自社で求人を作成するのは難しい」「運営する時間がない」などと感じた企業様には「インディード運用代行」がおすすめです。

「応募が集まらない」「時間がない」といった問題を、人財企画が解決します!

ぜひお気軽にご相談ください。

052-220-3305

    お問い合わせフォーム

    ※ご入力いただいたメールアドレス宛に確認メールを送信します。確認メールが届かない場合はメールアドレスの誤入力、または迷惑メール設定によるエラーが考えられますため、お手数ですが再度お問合せ下さい。


    よく読まれている記事

    会社概要COMPANY

    Page Top